Home > リキッドファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションの塗り方

ツヤツヤ、透明感溢れる肌に近付けるのが、リキッドファンデーションの良さです。 トロトロしたリキッドを顔に広げると、瑞々しい印象に仕上がります。 乾燥しがちな肌の方とも相性が良く、適度な水分を与えてくれます。

 

色選びに迷う所ですが、小顔効果を狙いたいなら、ワントーン暗めの物を。 白っぽ過ぎる色合いは顔を大きく見せてしまうので、注意が必要です。 ファンデーションを付ける前に欠かせないのが、下地。

 

多くの人が馴染みやすいのが、ピンク系の下地。 血色を良く、明るい印象に仕上げてくれます。 500円硬貨大くらいを出し、顔の中心から外側に向かいリキッドファンデーションを伸ばします。

 

手とスポンジ、両方を使うと丁寧な仕上がりに成ります。 目元などには、コンシーラー。 そして部分使いとして再度、リキッドファンデーションを塗る事もお薦め。 化粧崩れを、防いでくれます。 最後に大きなブラシを用いて、サッとお粉をはたいて完成です。 若々しい印象に、仕上がります。"

このページの先頭へ